ペットフードを犬が嫌う場合がある!

MENU

ペットフードを犬が嫌うのはどうして?

犬といれば、ペットフードの王道ともいえる
ドライフードを食べさせるイメージがありますが、それは単なるイメージです。
大半の犬はドライフードを主食としていますが
犬の中にはドライフードが嫌いな子もいるんです。

 

ペットフードには、ドライフードはもちろん缶詰やおやつもありますが
どうしてドライフードが嫌いになってしまうのでしょうか?
実際に、日々の生活で犬にどんなものを食べさせているか考えてみてください。

 

ドライフードだけではなく、缶詰やおやつなどを食べさせていますか?
産まれた時から、ドライフードをふやかしたものだけを食べさせて
子犬の時期からドライフードだけを与えている場合は
ドライフードが嫌いになることはあまりないでしょう。

 

しかし、ブリーダーによって考えも違うので
ドライフードだけを与えることを勧める方もいれば
ドライフードに缶詰を混ぜて食べさせたり
缶詰と犬用の粉ミルクをたくさんあげて、大きくしてくださいというブリーダーも
実際にいるそうです。

 

缶詰ばかり食べていた子は、缶詰が主になってしまっているので
そこにドライフードを与えたとしても食べない子が多いんです。
いつも食べていた缶詰が食べれなくなって、その代わりにドライフードが出てきては
嫌いだと感じるのは当然だと私は思います。

 

また、ドライフードはその名の通り「乾燥させた食事」ですよね。
もしも私達が、毎日カロリーメイトと水だけで過ごせと言われるとどう思いますか?
確かに栄養は摂れるかもしれませんが、飽きてしまいますよね。
そういうことで、いままでドライフードを食べていたのに急に嫌になって食べなくなる子も稀に出てくるんです。

 

飼い主からすると、手間もかからずお金も負担もあまりないドライフードを
食べてもらいたいと思ってしまいがちですが
それは人間のエゴだと思います。

 

犬もしっかりと考えることができますし、気持ちもあります。
ドライフードが嫌いで食べないからといって、無理にドライフードを食べさせることはせずに
せめてドライフードに少し缶詰を混ぜてあげるなどの工夫をしてあげる方が
犬にとっても嬉しいですし、飽きることも、嫌いになることもあまりないかと思います。

 

色んな意見がありますが、犬も大切な家族なので
ドライフードを食べなくなったからといって、無理にドライフードを食べさせなくても良いんです。
その子その子に合った食事を食べさせてあげてください。

 

ドライフードが大好きで
一生涯ドライフードだけを食べ続ける子もいるので、そんな場合は別です。
まずはしっかりとご飯を食べて、大きく健康になれることを考えましょう。
いっぱいご飯を食べる子は、健康な子が多いのも事実です。
病弱な子よりも、健康で元気いっぱい走り回る子の方が犬も飼い主も幸せです!

 

飼い主のエゴだけで、食事を左右するのではなく
まずは犬の健康からですよ!
忘れないでくださいね。

 

どうしてもドライフードを食べてもらいたいという場合は
色んな対処方法があるので実践してみても良いかと思います。
しっかりと犬のことを考えたドライフードなら
栄養もバランス良く配合されているので。